MENU

個人再生で裁判所に認められるための条件は?

私は、ギャンブルなどでの浪費がかさみ、800万円以上の借金をしてしまいました。
年収は640万円程度でした。

 

借金800万の借入先はクレジットカード会社2社、銀行のフリーローン2社、消費者金融3社でした。
支払いをするため、他社から借入をすることの繰り返しでした。

 

 

会社員でしたが、仕事など手につかない精神状態になり、会社を退職しました。
いわゆる、うつ病というものになったようです。

 

定職もなく、800万もの借入をかかえる状態となり、子供には学校をやめてもらいました。
それでも、生活はできない地獄のような状態でした。

 

ある日、テレビで借金の整理について、司法書士や弁護士に相談してはというCMを観ました。
さっそく、弁護士事務所を訪ねました。

 

そこでの、弁護士の最初の言葉は、800万の完済は不可能とのことでした。
できる方法としては、自己破産か個人再生だと聞かされました。

 

個人再生は裁判所に出頭する必要がある

自己破産は文字どおり破産です。
個人再生は債務の金額を圧縮して3年間で返済するという方法でした。

 

 

家庭裁判所に出頭して個人再生の申し立てをしました。
一旦、借金800万の債権者からの請求はとまりました。

 

個人再生を依頼するための弁護士費用は、50万円程度でした。
分割で弁護士費用は払いました。
借金800万は、おおむね6分の1の債務額に圧縮されました。

 

裁判所に認められるための個人再生の条件

ただし、私の場合は定職がなかったため、3年間で安定的に返済ができるとは判断されないでしょうということで、条件として正社員を探しました。

 

タクシーの運転手になりました。
タクシーの運転手は不景気でも、人手不足で誰でもなれました。

 

そして、毎月5万円づつ、ひとつの銀行口座に入金にあてる原資を積み立てるよう言われ、実施しました。
80万円まで貯めました。
家庭裁判所に対して、支払いが安定的に可能だとアピールする意味もあったようです。

 

個人再生で裁判所から通知

先日、家庭裁判所に個人再生の申し立てが受理され、3か月に一度15万円程度を3年間で返済することになりました。
これで、私は助かりました。

 

この手続きの間、司法書士事務所も訪ね、個人再生について質問をしたりしましたが、無理という判断でした。
他の弁護士にも相談しましたが、無理と言われました。
たまたま、良い弁護士事務所を選んだようでした。

 

私は本当に運がよかったです。
どこの弁護士事務所が良いかなんて分からないのが普通です。

 

私の素人の提案ですが、司法書士にしろ、弁護士にしろ、一度無理と言われても、あきらめずに前向きに対応してくれる事務所を探すことをおすすめします。
個人再生という方法で、借金800万を返済して、私は人生をやりなおすことができました。

借金返済に困っているなら債務整理を検討しましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。

まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

借金減額シュミレーター