MENU

手続きにより解除までの期間は異なります。

債務整理を行うと殆どの場合、信用情報機関のブラックリストに載ることになるため、借り入れができなくなってしまいます。
違法なヤミ金以外の金融機関は、貸付の際、信用情報機関に信用状況を照会することを法律で義務付けられています。
そのため、債務整理を行うと借り入れができなくなるのです。

 

唯一の例外は、完済後の過払い金返還請求です。
すでに全額返済している状態ですので、債務整理を行えば、確実に過払い金が発生しますし、ブラックリストにも載りません。
尚、便宜的にブラックリストと呼ばれていますが、実際にそういった名前のリストがあるわけではありません。

 

信用情報機関で管理・保管されているデータに、「異動情報」といった形で事故者として登録されているのです。
債務整理してブラックリストに載ると借り入れできなくないのは仕方ないにしても、それはいつまでなのか気になりますよね?
ここでは、各手続き、信用情報機関ごとに異なる事故登録が解除されるまでの期間について解説しています。
参考にしてみてください。

 

債務整理手続きの種類は?

債務整理手続きには、いくつかの種類が存在ます。
任意整理、自己破産、個人再生、過払い金請求、特定調停、などです。
ブラックリスト解除までの期間は、滞納が解消された方法、登録信用情報機関によって異なります。

 

滞納解消方法とは、自己破産の場合は免責決定、それ以外の債務整理手続きは借入金の完済です。
そこから一定期間が経過して、初めてブラックリストが解除されます。
では、滞納したままだと、どうなるのでしょうか?

 

借金返済が滞ったままでは、ブラックリスト解除はできませんので、いつまでたっても借り入れが可能になりません。
支払いできないなら、債務整理を行って、まずは滞納を終わらせる必要があります。
過払い金請求は、そもそもブラックリストに載りませんので、任意整理、個人再生、特定調停の場合が、滞納完済が条件となります。

 

いずれも債務整理の手続き後、3年程度を目途に、貸主を和解した残高を返済する方法です。
返済が長引けば長引くほど、ブラックリスト解除も遅れます。
なるべく早く完済できるよう、努力は必要です。

 

信用情報機関の種類は?

信用情報機関は3ヶ所で、金融機関は、以下のいずれかに加盟しています。

 

JICC(日本信用情報機構)

消費者金融を主として、信販会社、クレジットカード会社などが加盟しています。

 

CIC(クレジット・インフォメーション・センター)

信販会社・クレジット会社を主として、消費者金融なども加盟しています。

 

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

銀行、信用金庫、信用組合、農協、信用保証協会、政府系金融機関などが加盟しています。

 

ブラックリスト解除までの期間は?

滞納後完済(または時効の援用)した場合の期間
JICC 完済から1年経過後
CIC 完済から5年経過後
KSC 完済から5年経過後

 

自己破産後に免責決定の場合の期間
JICC 免責から5年経過後
CIC 免責から5年経過後
KSC 免責から10年経過後

 

上記の期間が経過したら、自分が借り入れしていた金融機関が加盟していた情報機関に開示請求して、ブラックリストが解除されているかどうか確認してみましょう。
事故情報が消えていれば、債務整理の禊は終了です。

 

とは言え、いきなり審査の厳しい銀行系カードや住宅ローンの借り入れ申し込みは時期尚早です。
ブラックリストが解除されたばかりの状態は、まったくクレジットヒストリーが存在しません。
年齢にもよりますが、審査の厳しい金融機関では、債務整理歴を疑われて、審査に通らない可能性もあります。

 

まずは、比較的審査の甘い流通系のクレジットカードに申し込んでみましょう。
1年ほどクレジットヒストリーの実績ができたら、後は通常の審査があるだけです。
自分の職業・収入などを考慮して、カード申込や住宅ローンなどを検討すると良いと思います。

 

 

借金の返済に困っているなら債務整理を検討してみましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。
まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

債務整理