MENU

法的手続きすると住居への影響はどうなるのか?

債務整理すると決めたとき、やはり気になるのは住宅ローンについてだと思います。
気になるのは、今後住むところは一体どうなるのか、という不安があるからですよね。
消費者金融やクレジットカードでのキャッシングは、債務整理して楽になりたいけど、出来れば住宅ローンはそのままにしておきたいという人もいるでしょう。

 

家を買うというのは一生に一度のことですし、自宅を失いたい人はいませんよね。
子供がいれば、転校などの問題も出てきます。

 

ここでは、債務整理と住宅ローンについて解説しています。
よろしければ、参考にしてくださいね。

 

 

債務整理の住宅ローンへの影響〜任意整理の場合〜

この方法の場合、実際に影響が出るかどうかは、弁護士との相談結果次第となります。
任意という言葉通り、どの債務を整理するかは自由で、住宅ローンを対象から外すことも自由です。
高金利の借金だけを対象にして金融機関と交渉、一部減額や将来利息のカットなどで、その後の生活が再構築できるようであれば、自宅もそのまま維持できると思います。

 

反面、住宅ローンを対象にする場合、自宅不動産を担保に取っているので、金融機関は債務整理に応じず、差押え、競売といった手続きを取る可能性が高いです。
競売になると、市価の半額程度で落札されるのは相場です。
しかも、立ち退きで自宅を追い出される上、競売しても住宅ローンが残っていれば、返済を要求されます。

 

債務整理の住宅ローンへの影響〜過払い金請求の場合〜

過払い金請求では、住宅ローンへの影響はありません。
過払い金とは払いすぎている利息の事ですので、これを返還するよう請求したとしても、それは金融機関側の債務であって、こちらが借りているお金ではないからです。
既に完済している借金に対する返還請求の場合は、信用情報のブラックリスト登録もありません。

 

債務整理の住宅ローンへの影響〜自己破産の場合〜

自己破産では、現金99万円と生活必需品を除き、すべての資産を処分することは必要になります。
自宅も当然その対象ですが、売却処分して住宅ローン債務が残っていても、免責許可が下りれば返済は不要です。
この点は、上で説明した任意整理と大きく異なります。

 

自己破産を申請すると、住宅ローンを組んでいる金融機関は、自宅不動産に抵当権を設定しているので、裁判所で手続きを行って競売に掛けます。
自宅を落札されると、出ていかなければいけませんが、新しい住居を借りる費用や、引っ越し費用を捻出できる人は多くありません。
そういったケースでは、自己破産の申請を行う前に、任意売却することをおすすめします。

 

任意売却では、市価の1割減程度で売却が可能なため、住宅ローンの残債務を圧縮できますし、金融機関には内緒で、買い主側に引っ越し費用などを負担して貰う交渉も可能です。
競売で追い出されるよりも、数段マシだと言えます。
任意売却は、物件売買と合わせて、残債の処理が必要になりますので、専門家に依頼することをお勧めします。

 

債務整理の住宅ローンへの影響〜個人再生の場合〜

住宅ローンを維持したたまま、借金を大幅(最大9割)減額できるのが、個人再生です。
減額可能な割合で言えば、自己破産につぐ法的手続きで、比較的新しくできた制度となります。
ただし、安定して収入がある事、弁護士に依頼して再生計画を作成して貰うことなどが条件です。

 

個人再生では、住宅ローンを除く借金を減額した上で、原則3年間、特段の事情がある場合は5年間で全額を返済します。
そのため、キャッシングなどの住宅ローン以外の債務が無い場合は、整理してもメリットがないと言えます。
ただし、自宅を手放したくない方にとっては、これ以上は方法となります。

 

債務整理後に住宅ローンは組める?

債務整理を行うと、信用情報機関に事故(ブラック)登録されますので、一定期間は新たに住宅ローンを組むことはできません。
そこで気になるのが、一定期間とは、どのくらいの期間なのか?だと思います。
債務整理の種類と金融機関によって期間は変わるのですが、簡単にまとめると以下の通りです。

 

銀行系金融機関で借りて自己破産した場合

事故歴が消えるまで10年(免責決定後〜)掛かる。

 

それ以外の場合

事故歴が消えるまで5年(完済後〜)掛かる。

 

滞納したまま放置している状態では、いつまで経ってもブラック登録が消えないので、住宅ローンを組むことはできません。
まずは債務整理して借金を完済し、その後一定期間待つ必要があるわけですね。
ブラック登録が消えれば、あとは通常の審査ですので、収入やクレジットヒストリーで判断されることになります。

 

 

借金の返済に困っているなら債務整理を検討してみましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。
まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

債務整理